キャンプの楽しみの知識をご紹介しています。キャンプで楽しい思い出を作ってください。

キャンプの魅力

大自然の中でゆったりと過ごすと癒されますよね。都会の謙遜から離れて過ごす安らぎの時間。そんなことが出来るアウトドアといえばやはりキャンプでしょう!
キャンプといえば、大自然に囲まれてのバーベキューや川での釣りが定番!中でもルアーを使ったバス釣りは人気のアウトドアスポーツですよね。バス釣り目的でキャンプをする人もいるぐらいです。また他にはボートを使ってのカヌーやカヤックを楽しんだり、自然を眺める森林浴や夜になれば星空を眺めるなど魅力は満載です。
近くにある山や河川敷でキャンプを行うのも良いのですが、中には禁止されていたり、火を使うために役所などの許可が必要になったりする場合もあります。そんな面倒をしなくても出来る場所もあります。最近ではキャンプ場としての施設として設置されている場所も増えてきているので、禁止されていない場所をさがしたり、許可を取るのが面倒な場合には、そちらで行うのも良いでしょう。それに最近ではアウトドアにもケータリングを利用する人が増えているそうです!
その様な場所だと、水道やトイレの設備はもちろんのこと、明かりをつける電源なども用意されている場合があり、また、キャンプ道具をそろえるのは結構な金額になるのですが、キャンプ場でレンタルなどのサービスを行っているところもあり、初めてキャンプをする方でも不自由なくキャンプを楽しむことが出来ます。その様なキャンプ場の近くには、人が集まることもあり、コンビニなどのお店が近くに建っていることが多いので、急に必要な物が出来た場合でも充分対処が出来るでしょう。
しかし、本来キャンプとは何もない自然の中で行うものと思っている人も多くいますので、その様な便利さは必要ないと思っている人もいるのは事実です。必要な物がなければ、自然の物をアイディアを使って補うという考えで、自然の中にどっぷりと浸かり、大自然の安らぎを求めているのです。
キャンプ場などではすぐ隣通しでキャンプを張る場合もあり、その人たちとのキャンプを邪魔しない為にキャンプの醍醐味であるキャンプファイヤーや炭を使ってのバーベキューを禁止しているキャンプ場もあるので、注意が必要です。

キャンプの種類

キャンプというと山や川の近くで皆でバーベキューをして楽しむのを思い浮かべてしまいますが、その他にもたくさんキャンプは存在するのです。そこで色々とあるキャンプの一例をご紹介します。

ツーリングキャンプ

キャンプツーリングとも呼ばれ、キャンピングカーの車ではなくオートバイやサイクリング仕様の自転車でツーリングを楽しみながらキャンプを行うスタイルのことです。
車で無いので、たくさんの荷物が積めないため多人数要のテントではなく、一人用の小型のテントやタープが使われます。

オートキャンプ

通常の歩いてしかいけないところでキャンプを張るのではなく、車が入れるキャンプ場で車の横にテントを張り、キャンプを楽しむキャンプの仕方です。
オートキャンプ用のキャンプ場も増えてきており、その様な場合にはひとつひとつに車の駐車スペースが分けられていてそのスペースを借りてキャンプを行います。
車で寝泊りも行える手軽さからか、日本では1990年代に大ブームになり、家族一緒でのキャンプ(いわゆるファミリーキャンプ)が人気になりました。キャンピングカーもここから流行りましたが、なかなか値がはります…そこで最近ではワゴンや軽キャンピングカーが人気を集めています。

デイキャンプ

簡単にいうと日帰りの野外活動のこと。いわゆるハイキングのような感じで、寝泊りすることも無いので、テントも張らず、河原でバーベキューや森林浴を楽しんだ後は、その日のうちに帰宅するので、休みがあまり取れない親を持つ家族ではこの形態が好まれています。

キャンプでの基本装備

テント

これがないとキャンプをしているという感じを味わえないのではないでしょうかってぐらい基本中の基本です。 種類も様々ですので、別ページにてご紹介しています。     

シュラフ(寝袋)

これもよく見かける道具だと思います。長方形の封筒型顔の部分だけを出して寝る寝具です。
見た目以上に外気の気温から守ってくれます。キャンプ場の夜は冷え込むので、購入の際には保湿性のしっかりしているものを選ぶと良いでしょう。

ランタン

キャンプ場での明かりは、焚き火以外には街灯がなどが無い為に必要になっていきます。ぜひ揃えておきたいところです。テント内に焚き火を持っていくことは出来ませんので、いくつか持っていると重宝します。

バーナー

キャンプ場で料理をするなら焚き火や炭を使って作りたいと思うかもしれませんが、キャンプ場によっては焚き火や直火を禁止している場所もあるため必要になる場合があります。このバーナーがあると火加減などを家と同じように行えるので、料理も比較的簡単に出来るメリットもあります。その分キャンプの雰囲気は下がってしまいますが…

テーブルandチェア

キャンプ場によってはテーブルやイスなどが設置されていたりしますが、設置されていない場所だと立ち食いか地べたに座って食べることになってしまいますので、一つぐらい持っていると便利です。

クーラーボックス

暑い夏場には欠かせない必需品でしょう。飲み物の保存のほかにも炎天下で食材を置きっぱなしにしておくと食材の傷みを招いてしまいますので、いくつかあると保存に便利です。
また大型にすべてひとつにまとめるよりも、中型をいくつか持って、食料用と飲料用に分けたほうが効率的です。

タープ

車にタープを貼り付けて設営して日よけ雨よけなどに使われることが一般的です。

pickup

表札 看板
http://www.hyousatuya.com/oh-1-5.htm
iPhone修理 西中島
http://smaphorepair.com/
ジャクソンマティス 通販
http://item.rakuten.co.jp/two-surf/c/0000000572/
横浜でiPhone修理をお探しなら
http://iphonesyuuri-naritaya.com/shop2/
表札 高級
http://www.hyousatuya.com/iron-hyousatu/index.html
家電 買取
http://www.powerstation.vc/

2016/10/26 更新

▲ページ先頭▲